PADIレスキューダイバーコース

最短2日間

このコースを習得すると事前にトラブルを回避する能力が高まります
例えトラブルに遭遇しても適切に対処できる力が身に付きます
コースでは人を助けるテクニックも練習します
大変だけどとてもやりがいのあるコースだと言われております
マスタースクーバダイバーやダイブマスターになるための条件でもあります

料金に含まれるもの

  • 学科講習費用
  • 海のレッスン費用
  • 海の施設利用料・シリンダー利用料

現地までの送迎は無料サービスしております

ご自身のお車などで移動する事も可能です

料金に含まれないもの

    • PADI教材料金
    • 器材のレンタル料金
    • PADIへの申請料金
    • 宿泊料金(宿泊が必要な場合)
    • 宿泊時の飲食などその他私用にかかる費用
    • プライベートレッスンを希望される場合
      <¥35,000(税込)>
PADI教材料金

2022年1月8日現在の価格となります
毎年料金改定がございますので、最新の情報は担当インストラクターまでおたずねください

▶ 外部サイト PADI

最少催行人数

海洋実習:最少催行人数2名

※1名の場合はスタッフ経費
一往復あたり¥12,000追加で催行可


購入器材

  • 水中ナイフ

日程について

  • 実習2日間は分割・連続どちらも可能
  • 日帰り・素泊まり同額です
  • 2食付きの場合のみ¥4,400ご負担下さい

長時間移動の車内空間が気になる方へ

新型コロナ対策といたしまして店舗からのスタッフ同行プランに加え現地集合なども可能です

  • 現地集合も可能
  • 途中ピックアップも可能
  • 片道だけ一緒に行く(帰る)事も可能

可能な限りリクエストを叶えたいと思います
スタッフまでお尋ね下さい

ドライスーツについて

ドライスーツの時期と水温

  • 12月後半~3月前半に実習を行う場合は
    できるだけドライスーツ着用でお願いします
  • 11月~12月中旬、3月中旬~4月に
    実習を行う場合はドライスーツ着用する事を
    おススメします
ドライスーツをご使用になる場合は
別途レンタル代が必要となります

▶ レンタル料金

受講条件

  • 12歳以上
  • アドベンチャーダイバー
    (U/Wナビゲーションを修了)
  • 過去24ヶ月以内にEFR一次および二次ケアのトレーニングを受けている
  • 自分専用のマーカーブイもしくはホイッスルと水中ナイフを所有
  • 50歳以上の方は医師によるダイビング許可を得る事

全ての年齢において
「ダイバーメディカル | 参加者チェックシート」
に該当する方は
医師によるダイビング許可を得る事

▷ ダイバーメディカル | 参加者チェックシート

17歳以下のご参加者は必ず保護者同伴の上ご参加ください

キャンセルについて

教材料金はお支払いと同時にご購入となりますのでご注意ください

最新の教材料金につきましてはPADI公式ページをご参照ください

▶ 外部サイト PADI

器材のレンタル料金はレンタル時にのみ発生いたします

PADIへの申請料金はコース修了後に発生いたします

コース開始後は『講習・実習料金』についてはご返金ができなくなりますのでご注意ください
(学科講習もしくは限定水域講習のいずれかがコース開始となります)

料金(税込)

PADI申請料金(2022年)
¥5,984

ステップアップコース

  1. PADIアドベンチャーダイバーコース

    より安全に、より楽しくダイビングをしたい方にとてもおススメのコースで…

  2. PADIアドヴァンスドオープンウォーターダイバーコース

    このコースを習得するとより安全なダイビングが行えるようになります …

  3. エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)

    このコースを習得すると緊急時に状況判断・救急隊がかけつけるまで命をつ…

  4. PADIレスキューダイバーコース

    このコースを習得すると事前にトラブルを回避する能力が高まります 例…