入門編

  • HOME
  • スクーバダイバーコース

PADIスクーバ
ダイバーコース

 


受講費用総額

¥55,000(税別)

☆ 現地までの往復移動は無料サービスになります
☆ 現地まで直接移動された場合も料金は一緒です
☆ 料金は総額となります
☆ 料金に含まれないものはコチラです

  • どうなるの?
  • できること
  • でも
  • 上のランク
  • コース紹介ビデオ
PADI スクーバダイバーとして認定されるといったいどうなるのでしょうか?

その瞬間からあなたは海へのパスポートを手に入れる事ができるのです。
もっと具体的にどういった事ができるのでしょうか?

スクーバダイバーになるとできる事
  • 自分の力でダイビングを行えるようになる
  • 最大12mまで潜り、安全に帰る事が出来るようになる
  • 一部の特別なスペシャルティコースを受ける事ができるようになる
  • オープンウォーターダイバーにアップグレードできるようになる
注意点
  • プロダイバーの引率が無いと海に潜る事ができません
  • 基本的にはスペシャルティコースが受講できません
スクーバダイバーを取ったあなたはさらに上のランクを取得したいと考える事がきっとあるでしょう
  • その時はPADIオープンウォーターコースへアップグレードする事ができます。
  • アップグレードする方法は『コチラ』をクリックして下さい。
  • オープンウォーターコースについて知りたい方は『コチラ』をクリックして下さい。 

 

コース料金について

  • 含まれるもの
  • その他含まれるもの
  • 含まれないもの

所定日数分

  • 宿泊費
  • レンタル費
  • 施設使用料
  • シリンダー代
  • 講習費用
教材
  • OWダイバーマニュアル(テーブル)¥4,590(税別)
  • ポケットログ&トレーニングレコード(青)¥1,071(税別)
申請費用
  • ドライスーツを使用される場合
    <レンタル費が別途発生します>
  • お食事代
  • 追加が発生した場合の講習にかかる費用
    (レンタル代、講習費など)
  • プライベートレッスンを希望される場合
    1日 ¥10,000(税別)

コースの進め方

  • 1.お申込み
  • 2.学科講習
  • 3.限定水域
  • 4.海洋実習

お店で受付を行います

受付

・書類へご記入いただきます
・受講料をお支払いください
・教材をお渡ししますので自宅学習をお願いします

PADI書類

当店のお申込み書以外に次のPADI書類を提出する必要がございます

マニュアルとDVD

①自宅学習「数日から1週間程度必要となります」
②DVDを使った学習「約3時間半」
購入する場合:ご自宅など空いている時間を利用して行います
購入しない場合:お店でDVDを使って学習を行います
③お店で座学「マニュアルを使った学習を行います」
④テスト「座学終了後テストを行います」

デジタル教材

①事前学習「約1週間必要となります」
テストまで事前に行います
②お店で小テストを行います
(約1時間)

デジタル教材:
タブレットやパソコンなどを用いて行う学習

プールや穏やかな海

・足がつく浅い所から練習をスタートします
・習得する内容についてはコチラで詳しくご説明します

【所定日数】

1日間

【千葉県のプールで行う場合】

お店を5:45に出発し、夕方戻ります

【伊豆のプールや穏やかな海で行う場合】

お店を4:30に出発します
日帰りもしくは宿泊にて行う事が出来ます

真鶴半島や伊豆半島で行います

【所定日数】

1日間

【日帰りもしくは宿泊が選択できます】

4:30にお店を出発します
戻りは夕方になります
宿泊で行う事もできます
(限定水域と連続して)

【日帰り】

真鶴半島もしくは伊豆半島の日帰りエリアで行います

【宿泊】

伊豆半島のビーチポイントにて行います
(主に富戸、八幡野、大瀬崎)

習得する内容

  • プール(限定水域)実習
  • 海洋実習

エントリー準備(その他)

<エントリー前>
★器材のセットアップ、装着と調節
★ゲージの使い方と残圧のチェック
★プレダイブ・セーフティ・チェック(BWRAF)
★ハンドシグナル
<エントリー/エキジット>
★ディープ・ウォーター・エントリー
★エキジット
<その他>
★スキンダイビングスキル

水面で

★水面を泳ぐ-正しい水面習慣
★ウエイトの脱着-水面
★エマージェンシーウエイトドロップ
★こむらがえりの除去-自分とバディ

浅場で

<レギュレーター>
★クリア-息を吐く方法とパージボタンを使う方法
★リカバリー-アームスイープ法とリーチ法

★スノーケル/レギュレーター交換
★少し水の入ったマスクのクリア
★全部に水の入ったマスクのクリア
★中性浮力-パワーインフレーター
★コントロールされた緊急スイミング・アセント
★緩んだシリンダー・バンドの締め直し

潜降/水中で呼吸

(潜降)
★ファイブ・ポイント潜降
★視標を使った潜降
★潜降と圧平衡
(水中で呼吸)
★エアが少なくなってきたときの対応
★エア・マネージメント-20barの誤差の範囲
★バックアップ空気源の使用
★バックアップ空気源を使って泳ぐ/浮上する
★インフレーター・ホースの取り外し

水中スキル

(中性浮力)
★ホバリング-30秒間

(緊急時の対応)
★マスクの脱着とクリア
★マスクなし呼吸

中性浮力

★潜降-着底しない
★水中を泳ぐ
★水平に泳ぐ-トリムの調整
★浮上

まずはじめに

◆ダイブプランニングとブリーフィング
◆器材の組み立てと装着
◆プレダイブ・セーフティ・チェック
◆エントリーと正しい水面習慣
◆ウエイト量とトリムの調整

ダイブ1

◆ハンド・シグナルの復習
◆コントロールされた潜降
◆少し水の入ったマスクのクリア
◆レギュレーターのリカバリーとクリア
◆ダイビング・ポイントの探検
◆残圧のモニタリング
◆スノーケル/レギュレーター交換
◆ウエイト・システムとスクーバ・キット脱着
◆足がつったときの治し方
◆疲労ダイバー曳行

ダイブ2

◆水面でBCDに給気 - オーラル
◆コントロール潜降
◆中性浮力
◆全部に水の入ったマスクのクリア
◆バックアップ空気源の使用(与え手/もらい手)と浮上
◆ダイビング・ポイントの探検
◆20bar以内のエアマネージメントと残圧のハンドシグナル
◆シグナルチューブの使い方
◆エマージェンシー・ウエイト・ドロップ

ダイビング毎に

◆浮上
◆エキジット
◆器材の取り外しと手入れ
◆ディブリーフィングとログ付け

その他注意事項

  • 宿泊
  • 開催人数が一名の場合
  • その他

※宿泊は素泊まりとなります。
(日帰りも料金は変わりません)

-食事つきの場合は1泊につき4,000円(税別)必要になります-
※最少催行人数3名(平日2名)
(プライベートコースは1名)

開催人数が1名の場合
(おひとり様でご参加でも最少催行人数に達していれば通常開催できます)
限定水域講習

・お一人様から開催します

海洋実習

・限定水域と2日連続の場合は宿泊費のご負担のみでご参加いただけます

・分割日程でも現地まで直接行くことでご参加いただけます

注意

・開催可能日のみご対応が可能です

・開催可能日につきましてはスタッフまでおたずね下さい

※eラーニング®,Touch™は別途8,000円(税別)必要になります
※現地とお店の往復移動はサービスいたします
※現地集合の場合も同額になります

ドライスーツについて

ドライスーツの時期と水温

  • 12月後半~3月前半に実習を行う場合は必ずドライスーツ着用でお願いします
  • 11月~12月中旬、3月中旬~4月に実習を行う場合はドライスーツ着用する事をおススメします
  • ドライスーツを使用してスクーバダイバーコースを受講される場合は、海洋実習を一日追加してレッスンを行っていただきます
    (詳しくはスタッフまでお尋ね下さい)
  • ドライスーツをご購入される方はこちらの料金の一部もしくは全部が無料になります

追加講習になった場合にかかる費用

  • レンタル代(1日)
  • 追加講習代(1日)
  • ウエットスーツセット ¥11,000(税別)
  • ドライスーツセット  ¥13,500(税別)
  • プール      :¥21,000(税別)
  • 海洋実習(海)  :¥26,000(税別)
  • プライベートレッスンは別途¥10,000(税別)必要となります

この下からお申込みができます

お申込みはコチラから行えます